【中医学タイプ:気虚】体質改善のための漢方・養生方法

今回は中医学の体質タイプの「気虚」について解説していきます。

一言でいうと
疲れやすくて元気がない人にゃん

「気」の働きについて理解を深めたい人はこちらの記事を読んでくださいね。

この記事では疲れやすい気虚体質さんの体質・養生方法をお伝えしていきます

この記事を読んでほしい人
  • 気虚体質の症状ついて知りたい
  • 気虚体質の症状に対策する養生法を知りたい
  • 気虚体質におすすめの食べ物を知りたい
  • 気虚体質を改善する漢方薬を知りたい

気虚体質について
知りましょう

気虚の症状に当てはまる方は養生方法も参考にしてくださいね

気虚の症状・特徴

まずは、体質について解説していきます。

気虚ってどんな体質にゃん?

こんな感じの人です

気は体のエネルギーであり、内臓を活発にするはたらきや外界から体を守るはたらきがあります。

気虚とは「気」が不足した状態です。エネルギー不足で新陳代謝が悪く、内臓の機能が落ち疲れやすく、やる気も出ません。

仕事に家事に忙しく、なかなか体を休ませる時間がなかったり、ダイエットで無理な食事制限をして栄養不足だったりと多く見られる体質の一つです。

体は資本!!
無理は禁物ですね。

気虚体質に見られる症状を
中医学視点で解説するにゃん

症状解説
めまい・低血圧頭にエネルギーや栄養を届ける力が不足
倦怠感・呼吸微弱・息切れ内臓の活動・機能が弱っている
意欲減退・うつ同上
自汗体表を守る衛気の不足で皮膚が緩み
必要以上に汗が出てしまう
活動時に症状悪化動くと気を消耗する
風邪ひきやすい体表を守る衛気の不足

気虚の方は胃腸が弱ったり
冷えの症状も出やすいです。

気虚が進み、冷えの症状が見られると「陽虚」となります。

陽虚とは温めるエネルギーが不足
した状態にゃん

気虚体質の養生方法

気虚の生活養生について見ていきましょう

気虚体質の生活養生
  • 体を冷やさない
  • 胃腸に負担をかけない(冷たい飲み物や脂っこいもの、香辛料の多い食事は控える)
  • 適度な運動(激しすぎる運動はNG)
  • ホットヨガ・サウナ・長風呂などで発汗しすぎないよう注意する

胃腸に負担がかかると、体に必要な栄養素を取り入れる力が弱まり、気虚になりやすくなります。

ケーキやチョコレートなど
甘いお菓子を取りすぎも
だるさのもとになるにゃん

疲れてると甘いもの欲しくなるけど
ダメなのかにゃん?

老廃物を出す力が弱いので
芋や果物など自然界の甘さで補いましょう

溜め込み体質の方は汗をかくと老廃物が外に出てスッキリしますが、中医学の考え方では汗と一緒に気も発散されてしまいますので、気虚体質の場合は消耗し、疲れます。

気虚体質の人は汗をかきすぎると
かえって疲れるので要注意にゃん

気虚体質の方におすすめの食べ物

芋類(山芋、さつまいも、じゃがいも)

豆類(大豆、枝豆)、きのこ類(しいたけ、舞茸)

かぼちゃ、アスパラガス

うなぎ、海老、鮭、肉類(鶏肉、牛肉、豚肉)

甘酒、ぶどう、桃

胃腸に負担が少なくて
栄養素が取れる食材にゃん

タンパク質やビタミン・ミネラルなど
栄養素が豊富な食材が多いですね

気虚体質の方に合う漢方薬

気虚体質の代表漢方薬です。

補中益気湯

気力・体力・食欲が落ちた方に

「気」を補い、上に持ち上げる
力を持つにゃん

気力がわかない時にも
使われます。

六君子湯

胃がもたれて食べられない方に

食欲不振、消化不良、胃炎

食欲がない、吐き気など
胃腸が弱い人に
よく使われているにゃん

気虚の基本処方である四君子湯
という漢方薬がベースとなってます。

まとめ

今回は気虚体質について解説しました。

よく休んでいい栄養とるのが
元気には一番にゃん

心や体がちょっと疲れ気味だなって時に参考にして見てくださいね。