中医学入門・基礎を学ぶ五臓編「肝のはたらき」

中医学では内臓のことを臓腑といいます。

臓には心・肝・脾・肺・腎の五臓があります。五臓の主なはたらきは気血水、精をつくること、蓄えることです。

今回は五臓のひとつ【肝】について
みていくにゃん

【肝】は【五行】の【木】のグループ
に属します

五行説とは万物・あらゆる事象を木・火・土・金・水の五つの要素で考える中医の基礎理論のひとつです

五臓は自然や時間の流れ、体の器官とつながりをもち、影響し合います。

肝の【木】は
どんなグループなのかにゃん?

肝の属する五行、木はこんなグループです。

【肝】(五行説:木)
  • 肝と関係がある六腑は「胆」
  • 肝が活発に働くのは「春」
  • 肝は「筋」を主る
  • 肝は「目」とつながる
  • 肝と関係が深い体液は「涙」
  • 肝に相応する感情は「怒」
  • 肝と関係が深い色は「青」
  • 「酸味」が肝のはたらきを促す
  • 肝に対応する時間は深夜1時〜3時(六腑の胆は午後11時から1時)

肝のはたらきは木がのびのびと枝を伸ばし成長する様に似ているため【木】に分類されます。

木が土から吸い上げた養分や水分を枝葉に送り届けるように肝は脾で吸収した気血を体の隅々に届けるはたらきをもちます。

のびのびリラックス〜を
好む臓腑にゃん

それでは、具体的に体でどんなはたらきをしているのかみていきましょう。

中医学基礎を学ぶ五臓編「肝のはたらき」

肝の主なはたらきは全身の気の運行、精神・情緒の安定、血の筋・目の整理機能維持です。

肝のはたらき
  • 肝は気を運行させ、精神を安定させる
  • 肝は血を貯蔵する
  • 肝は筋肉のはたらきを維持する
  • 肝は目のはたらきを維持する

肝は気血の流れを円滑にし、体の隅々までのびやかに行き渡らせます。

血を貯蔵し、全身の血流量をコントロールしています。

肝のはたらき①「疏泄を主る」

疏泄(そせつ)?
聞いたことないにゃん

「疏」は塞がったものを通すこと
「泄」は追い出すことにゃん

つまり巡りを良くすること
を疏泄(そせつ)といいます。

肝は全身の気を運行させ、気血のめぐりを順調にするはたらきをもちます。

肝の疏泄のはたらきは、精神のびのびとした気持ちのいい状態にし、飲食物の消化・吸収の流れを手助けするはたらきももちます。

のび〜と体をストレッチすると
体が気持ちいいよねにゃん

気について学びたい方はこちらの記事をご覧ください

肝のはたらき②「血を蔵す」

肝は体の栄養物質である血を貯蔵するはたらきをもちます。

貯蔵してどうするのかにゃん?

運動をしたり目を酷使すると
一気に血が必要な時に
補給することができるにゃん

消耗が少ない時は肝に蓄えて
血流量をコントロールしてます。

血について学びたい方はこちらの記事をご覧ください

肝のはたらき③「肝は筋を主る」

筋肉のはたらきは肝の血によって維持されています。

肝関わるのは筋肉のはたらきを支える
筋の部分にゃん

筋骨隆々にする筋肉の部分は
肌肉と言われて「脾」に関わります。

肝のはたらきが低下すると目が疲れやすくなり、目を酷使すると肝の機能が低下します。

肝のはたらき④「肝は目に開竅す」

肝は目のはたらきを維持し、肝の病変は目に現れます。

肝が目に十分な血液を供給することで、目がはたらきを保ち、物をはっきりと見る事ができます。

まとめ

今回は肝のはたらきについてみていきました。

肝は五行説において木に属します。

肝のはたらき
  • 「肝は疏泄を主る」肝は気を運行させ、精神を安定させる
  • 「肝は血を蔵す」肝は血を貯蔵し、血流量をコントロールする
  • 肝は筋肉のはたらきを維持する
  • 肝は目のはたらきを維持する

現代社会ではストレスで精神が安定しなかったり、スマホやパソコンで目を酷使しやすいため、「肝」が乱れやすい環境です。

リラックスしてのびのびと
気持ちよく過ごしたいにゃん