中医学入門・基礎を学ぶ「津液の生成」

中医学おいて体を構成する基本物質である気血水

今回は「津液」が体内でどのように作られ、運ばれていくか学んでいきましょう

「津液」って何?って人は
まず、こちらの記事を読んでほしいにゃん

中医学における「津液」とは体に潤いを与える水液を指します。

潤いは肌、髄液、粘膜
にも関わります。

この記事では、体に必要な「津液」がどのように生成され、循環するのかを学んでいきましょう。

「津液」の生成

津液は飲食物から得られる「水穀中の水液の精微」から作られます。

胃で消化された飲食物は小腸に送られます。

小腸は胃から受け取った消化された飲食物を栄養源として使えるもの「水穀の精微」と残りカスに分けます。

栄養源である水穀の精微は脾が吸収し、脾のはたらきによって「津液」が生まれます。

津液の生成
  • 胃で受け取った飲食物は初歩的な消化うけ、小腸へ送られる
  • 小腸でさらに消化うけ、栄養源と残りカスに分けられる
  • 栄養源である水穀の水液から脾で津液が生成する

ちょっと西洋医学と
消化の考え方も違うにゃん

胃や小腸は飲食物を吸収しやすい形へ消化し
栄養源の吸収は脾は行っているにゃん

中医学の基礎理論では脾のはたらきは西洋医学とことなります。脾≒胃腸と考えた方が分かりやすいです。

津液の運行

脾で生成した「津液」は

脾で生成→肺(全身へ)⇄三焦(全身の通路)⇄腎(再利用、排泄)→膀胱

というルートを辿ります。

肺?三焦?腎?

細かくみていくにゃん

脾の運化作用と昇提作用

脾は胃や小腸で消化された「水穀の精微」から「津液」生成します。吸収された津液は脾の運化作用と脾の昇提作用により全身に運ばれます。

脾の運化作用

脾は水液が停滞する事により生じる「水湿」に弱い内臓です。

湿気の多い雨の日や梅雨の季節は
胃腸がスッキリしない人もいますね・・・

脾にとって水液の運搬は
特に重要にゃん

脾が飲食物の消化・吸収を管理するはたらきを脾の運化作用と呼び、水液の運搬も含まれます。

脾の運化作用に不調が生じると、食欲不信・もたれ・食後の倦怠感・食後の眠気・下痢・むくみなどが生じます。

水液が循環してないと
なんだか体が怠いにゃん

脾の昇提作用

脾は吸収した栄養源である「水穀の精微」を肺に送る作用をもちます。

脾の昇提作用というにゃん

脾で吸収、生成した津液を推動力のある肺に運ぶ事で全身に津液輸送していきます。

肺の宣発・粛降・水道通調作用

脾から肺に運ばれた津液は肺のはたらきで全身に運ばれます。

肺の宣発作用

肺は体内の津液、衛気を肌や気道をはじめとした全身へ送ります。

体の上の方から
全身シャワーして
潤いを届けるイメージにゃん

このはたらきにより、肌に潤いが保たれ、外からの侵入防ぐ事が可能です。

肺の粛降作用

肺の粛降作用は自然界からのキレイな空気や脾から運ばれた津液体の下へ輸送するはたらきです。

肺の水道通調作用

水道は津液の代謝経路を指します。

肺は不要な津液を汗、や尿として出し水の流れに滞りがないように調整するはたらきもちます。

腎の気化作用で尿として排泄

全身をめぐり汚くなった水液は腎に運ばれます。

腎では不要な水液は尿に作りかえ、外に排出し、再利用できるキレイな水液は肺や全身に運びます。

津液の運行には主に
脾・肺・腎が関わっているにゃん

まとめ

今回は津液の生成と運行についてみていきました。

津液は飲食物から得られる「水穀の精微」脾で生成されます。

津液の運行には脾・肺・腎のはたらきにより行われています。

必要な場所にキレイな水液を
届けるにゃん!

全身を潤わせるため
多くの内臓が関わってますね!