脂肪が増えるメカニズム

こんにちは!肉球です!

はぁ〜
あんまり食べてないはずなのに・・・空気吸ってるだけで太る体質だわ〜〜〜〜〜

いや、そんなわけないにゃん!!

どうして脂肪増えるのか?脂肪を減らすためにまずは脂肪が何故増えるのかそのメカニズムを学びましょう!

脂肪が増えるメカニズム

食べたものは、栄養素に分解されます。

栄養素は筋肉や内臓に運ばれて、体を動かすエネルギーや体を作る材料として使われます。ここで、余ったエネルギー源は脂肪に貯蔵されます。

大変にゃん。
余った、エネルギーは脂肪になっちゃうにゃん。

エネルギーが過剰になると脂肪として蓄えられる

エネルギー源として主に使われるのは、炭水化物と脂質です。まずは、三大栄養素である<炭水化物><タンパク質><脂質>の役割について学びましょう。

三大栄養素の役割

三大栄養素とは人が体を維持するために欠かせない栄養素<炭水化物><タンパク質><脂質>の3つを指します。

炭水化物(糖質)

主にエネルギー源として使用されます。動いたり、内臓が働いたりするのに必要です。お米、パン、イモ、砂糖、果物など甘いものは炭水化物を含みます。

タンパク質

細胞を作る材料です。筋肉、内臓、血液、骨、肌、髪などあらゆる細胞作る材料となります。肉、魚、イカ、たこ、乳製品、大豆製品などがタンパク質を多く含み食材です。

脂質

細胞膜やホルモンの材料となります。また、エネルギー源としても利用されます。サラダ油、オリーブオイル、バター、ラード、マーガリン、魚の油、肉の脂身など

タンパク質は内臓や組織の材料、脂質は細胞膜やホルモンの材料、炭水化物と脂質はエネルギー源として利用されます。

つまり、エネルギーが過剰になりやすいのは炭水化物(糖質)の取りすぎか脂質の取りすぎというわけにゃん。

当然、タンパク質が不足すると、筋肉や肌、髪が衰えボロボロで血色が悪くなります。炭水化物や脂質も必要以上にエネルギーを抑えてしまうと溜め込み体質になってしまうので注意が必要です。

エネルギー過剰の原因は炭水化物(糖質)と脂質の取りすぎによる

炭水化物や脂質が体内でどのように脂肪に変わっていくのかみてみましょう。

炭水化物(糖質)が脂肪になるまで

炭水化物は消化されると<ブドウ糖>に分解されます。ブドウ糖はエネルギー源とし利用されます。

エネルギーとして利用されず余ったブドウ糖は筋肉や肝臓に<グリコーゲン>として貯蔵されます。筋肉や肝臓がグリコーゲンを蓄えられる量は決まっています。

さらに過剰なブドウ糖は<中性脂肪>として脂肪細胞に蓄えられます。 脂肪細胞は無尽蔵にエネルギーを蓄えることができます。

それでは、もう一つのエネルギー源、脂質についてもみてみましょう。

脂質が脂肪として蓄えられる過程

脂質は体内で脂肪酸に分解されます。脂肪酸はエネルギー源として利用されます。余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

体脂肪の主な原因は炭水化物or脂質

炭水化物と脂質は、<ブドウ糖>や<脂肪酸>に形を変えて、エネルギー源として利用されます。エネルギー源として利用されなかった過剰分は中性脂肪として体に蓄えられます。

このように、脂肪が増える主な原因は炭水化物(糖質)の取りすぎか脂質の取りすぎです。ダイエットの食事制限で糖質制限や脂質制限が取り上げられるのも理解できますね!

蓄えられたエネルギーの利用

それぞれの貯蔵エネルギーの特徴です。

<グリコーゲン>はすぐにエネルギー源として取り出せるのですが、貯蔵できる量がかぎられています。<中性脂肪>はエネルギーを取り出すのに時間はかかりますが、貯蔵できる量に限界はありません。脂肪はエネルギーを蓄えるのにとても優れた機能なんです。

グリコーゲン中性脂肪
エネルギー利用必要な時にすぐ取り出せるエネルギーを取り出すのに
時間がかかる
貯蔵できる量貯蔵できる量は限られるいくらでも貯蔵できる
貯蔵場所筋肉・肝臓脂肪細胞

グリコーゲンが底をつくのは運動開始から15分から20分後と言われています。グリコーゲンの残りが少なくなると脂肪は燃えやすくなります。

脂肪になると燃やすのは一苦労だにゃん。

ダイエットの食事では炭水化物、タンパク質、脂質のバランスも体作りに欠かせない要素ですね!